FRAGLIDE1について

新たに発見された成分 フレグライド1

古来より中国で珍重されてきた「8年熟成恒順香醋」から新規のButenolide化合物が発見されました。

発見者は北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科の辻野義雄教授らのグループ。食品から初めて発見された化合物で、細胞実験や動物実験によってその有用性が確認されました。

この香醋は中国の鎮江で生産され、“四大醋”のひとつに数えられています。すでに1500年前の文献に記載があり、健康維持に関する有効性が数多く示唆されています。特殊な製法を用いて長時間発酵されるという独自性に着目し、有用成分の探索と研究が行われていました。

そこで香醋=fragrant vinegarの「FRAG」と、Butenolide化合物の「lide」、今後も同様の機能性物質が見つかることを期待した「1」を組み合わせて「FRAGLIDE 1(フレグライド ワン)」と名付けました。

上にもどる